施術って痛い?なにをするの?

痛さのレベルは施術マシンで加減する

美容クリニックや脱毛サロンの脱毛は痛いという印象がありますが、ケア時に感じる痛みは施術マシンで加減していきます。業務用脱毛機には多くに種類がありますがニードル方式、レーザー方式、フラッシュ方式と痛みが弱くなっていくのが一般的です。ニードル方式とレーザー方式は医療施設に導入される業務用脱毛機で、医師が施術を行うので高い威力で脱毛を行えますが、その分痛みも大きくなるので注意が必要です。痛みを和らげて脱毛したいと思ったら、フラッシュ方式の業務用脱毛機を選ぶのがお勧めです。中でもジェルでムダ毛を抑制するSSC方式と熱エネルギーで発毛因子に作用させるSHR方式は、ほとんど痛みを感じずに脱毛することが可能です。

脱毛施術の進め方を知れば緊張による痛みを軽減できる

脱毛施術は業務用脱毛マシンでケアする前にカウンセリングを必ずしますが、ここではムダ毛の生え具合や肌コンディションなどを確認や、脱毛に関する質問の受け答えを行います。そうすることで自分に適した方法で脱毛できるので、痛みの軽減にも繋がってきます。脱毛施術はバスローブなどの施術着に着替え、個室で行うのが一般的です。ベッドで横になり、ケアに使用する業務用脱毛機によって肌にジェルを塗るなどの下準備を進めていきます。ムダ毛が長いと脱毛時の痛みが大きくなったり、レーザーやフラッシュを正確に肌に照射することが難しくなるので、あらかじめシェービングしておくのがお勧めです。脱毛施術が終了したら肌の冷却や保湿ケアを行いますが、これにもケア時の痛みを緩和する役目があるのでしっかりと受けることが大切です。